現在の日本で激増している歯列矯正失敗による顎関節症やうつ病から復活するために必要な名医の歯科治療とはどのようなものかを実際の臨床例と患者の声で伝えるG.V.BLACK DENTAL OFFICE治療ブログ
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

NewEntry
Comment
  • 歯が綺麗になると友達が増えるというのは事実
    ほづん (04/03)
  • GVBDO 23 ホワイトニングは歯列矯正とは切っては切れないもの・機能も重要だけど見た目も重要
    きょろ (09/23)
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
歯列矯正ブログ村
Other


GVBDO 中高生の歯列矯正のブラケット装着期間は9カ月以下が常識という証拠の動画

   

 

↑ブログランキングに参加しています。

毎日の応援ありがとうございます。↑

 

このブログは日本で唯一の会員制歯科医院

G.V. BLACK DENTAL OFFIC院長

Norman Yamazaki, DDS.が

歯科治療の真実を知りたい人に向けて発信しています。

 

G.V. BLACK DENTAL OFFICE Home PAGE PC

 

G.V. BLACK DENTAL OFFICE Home PAGE MOBILE

 

院長略歴 /  緑の日記 /   gvbdo.club  / 治療日記2gvbdo.jp

 

InstaStaff / InstaOpe  / twitter / facebook

 

 

| 歯列矯正のYoutube | 12:44 | comments(0) |
GVBDO 歯列矯正治療では上下の正中線は合わないといけないのか? G.V.BLACK DENTAL OFFICE

上下顎,前歯,正中線,合う,形写真,形態的正常,機能的正常,Soft Tissue Occlusion,名医,画像,G.V. BLACK DENTAL OFFICE ,GVBDO

by Norman Yamazaki, DDS. (Profile

上下顎,前歯,正中線,合う,形写真,形態的正常,機能的正常,迷信,Soft Tissue Occlusion,名医,画像,G.V. BLACK DENTAL OFFICE ,GVBDO

26才のOLです。

マルチブラケットを付けた歯列矯正を開始して、

3年が経ちましたが、まだ終わる気配はありません。

私の担当医は、

上の歯と下の歯の正中線が

合わないと終われない!

と主張して、いろいろしていますが、そのたびに

噛み合わせがおかしくなってゆく感じがします。

正中線が合わないといけないものなのでしょうか?

 

森田好子

上下顎,前歯,正中線,合う,形写真,形態的正常,機能的正常,迷信,Soft Tissue Occlusion,名医,画像,G.V. BLACK DENTAL OFFICE ,GVBDO

正解から言いますと、

正中線は合わなくても良いのです。

上下顎の正中線が合わなければならない

というのは、昔はさかんに言われていたことですが、

顎関節症がクローズアップされるようになってから、

20才以上の成人矯正では

だんだん重要視されなくなってきました。

前から見た様子よりも、奥歯を中心とした

噛み合わせの方が重要

という考え方になったためです。

もう少し説明します。

昔はブラケットが外れた瞬間が

最高の歯の位置関係で

あるとされていた

のですが、ブラケットを外してから使用する、

アメリカ歯科標準治療では常識の

Dynamic Positioner (DP)というマウスピースの

ような歯列矯正装置の利点が広く知られるように

なった今は、

DPをして最後の仕上げをする!

という具合にアメリカの歯科標準治療では

変わっています。

特に、その人に合った噛み合わせは、

ブラケットが外れた後に、

遅くとも数年後に

各自特有の習慣や癖や

顔の筋肉の動きや

筋肉の緊張関係に支配される!

と考えられるようになってきました。

歯列矯正の大家とされるWilliam R. Proffit先生は、

これを

Soft Tissue Occlusion

と呼んでいます。

従って、日本の歯医者さんたちが、

歯列矯正をするときに熱心になる、

上下顎の正中線が合う、

形態的正常(見かけ重視)

ということに熱中するアメリカの

一流Dentistはいなくなりました。

合えば、それはそれでOKだけど、

奥歯の咬合のように

大事なことは他に沢山あるので、

それらを犠牲にして

無理矢理合わせる必要はない!

という考えです。

以前は歯列矯正開始前に

歯の模型を咬合器に付けて、

色々と技工的な操作をして

理想的だと思われる歯の位置関係を

見つけ出して(このステップは今でも重要!)、

その理想的な模型をお手本に、

形態的正常(見かけ重視)を

最終目標に

歯列矯正をしていました

が、今は、一応、形態的正常は考慮にいれつつ、

最終的にはブラケットが取れた後に、

DPを利用して、

機能的正常(咬み合わせ重視)を

最終目標にする!

という具合になっています。

従って、日本の歯医者さんに形態的正常を

最終目的に歯列矯正をされた人の中で、

顎関節症になってしまう人たちが絶えないのは、

機能的正常(咬み合わせ重視)が

全く考慮されていないため、

歯列矯正をやることで、

噛み合わせが

どんどん悪くなっている!

という理由によるものなのです。

では、機能正常を確立するための歯列矯正は

どのような方法で行われるのかを説明します。

ロッキー調布の症例です↓。

顎関節症,統合失調症,不定愁訴,治療法,名医,高山市,下呂市,富山市,金沢市,名古屋市,松本市

03/16/02 B.B.直前の様子↑

顎関節症,統合失調症,不定愁訴,治療法,名医,高山市,下呂市,富山市,金沢市,名古屋市,松本市

03/16/03 Bracket Off直後の様子↑

顎関節症を主訴とした人の

非抜歯の成人歯列矯正ですから

ブラケットで動かす方法では

噛み合わせを重視した場合、

正中はなかなか合いませんし、

噛み合わせ自体もまだ不完全です↑。

そこでDPを使い最後の仕上げをするのですが

噛み合わせを重視し、

2年程度費やして

本人が一番良い感じになる

噛み合わせが完成すると

こんな感じになります↓。

顎関節症,統合失調症,不定愁訴,治療法,名医,高山市,下呂市,富山市,金沢市,名古屋市,松本市

06/09/05 DP装着開始2年後の様子↑

さらに6年ほど経過し、

噛み合わせに何の問題も感じないというのが

普通になった時の様子です↓。

11/11/10 BOから7年8ヶ月後の様子↑

正中は明らかに合っていませんが

本人はこれで絶好調なので

成功した歯列矯正の症例と言えるのです。

ちなみに、

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは、

ブラケットオフ直後に、

日本の歯医者さんが行う

歯をガンガン削る咬合調整は

一切しません。

一瞬にして、噛み合わせが劇的に変わると、

体にとって良いことは一つもない

からです。

このようなことをするから、

顎関節症になる人が絶えない

とも言えます。

アメリカ歯科標準治療では上記のように

DPを使って、数年内に

その人に合った噛み合わせを

その人にあったペースで

確立させる方法

を取っており、今現在において、

このDPを使う治療方法が

最も安全でかつ

成功する可能性が高い方法

であるとアメリカの一流のDentistは考えているので、

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは、

そのような治療方法をとっています。

 

参考1:DPで仕上げる歯列矯正

参考2:DPの重要性

参考バイオプレートへの感想

 

03/15/07

 

Norman Yamazaki, DDS.

 

| 歯列矯正の重要ポイント! | 12:43 | comments(0) |
1/622 >>